第二新卒 就職活動の進め方

第二新卒 就活の方法

新卒とは違う、第二新卒の就活

何らかの理由で新卒として入社した会社を3年未満で退職。次こそは、という気持ちで就活をされている方も多いと思います。

第二新卒の就活は、新卒の時の就活とは違います。再びの就職活動だから、新卒で就活していた時の事を思い出して求職活動をスタートされる方も実際多いと思うんです。

でも、企業側が第二新卒に求めるものは、新卒とは違います。そこはハッキリと認識しておく必要はあると言えるでしょう。

第二新卒の就活方法として取れるものには、様々な方法があります。それぞれ、一長一短。(どころか短が多いもの、第二新卒の就活には不向きと思う方法もあるのですが)

就活方法について理解した上で、効果的に活用する事で第二新卒として内定を再びゲットする事が出来るはずです。

利用出来る求人紹介サービスにはどういったものがあるかというと・・・

  • ハローワーク
  • 大学の就職課
  • 公的な就職支援サービス
  • 転職フェア
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

などがあります。

以下、それぞれの就活方法について詳しく見ていきましょう。活用出来ると思った部分については、基本全て無料で利用出来ますから、活用してより多くの求人情報を得られる事をオススメしたいです。

ハローワーク

ハローワークは、国民の誰もが利用できる公共の職業紹介機関です。全国各地にあります。転職サイトの中には、地方求人が少ないところもあります。地方の方でも利用出来るのは強みと言えますね。

自宅のPCからでも求人票を見る事が出来ます。(実際に紹介を受けるには、ハローワークの窓口に出向くことが必要です)

実際、求人数も非常に多いです。もちろん第二新卒の方の就活でも利用出来ますよ。

企業側としては採用コストがかからないので、地元の中小企業が多く見つかるのが特徴といって良いでしょう。転職サイトには掲載していない企業も多く、ハローワークを利用しています。

言い換えると、採用コストをかけられる企業は転職サイトを利用している事が多いです。もしくは併用も多いですね。

ちなみに、掲載コストが掛からない事を悪用してか、ずっと求人を掲載している企業も一部見られたりもするようです。(長くハローワーク求人をチェックしていると、ずっと掲載している企業が分かってきます・・・)

対して、大企業や人気企業の求人は掲載されていない事が多いです。

また、ハローワークの担当者に対してもあまり多くのアドバイスを期待出来ないのも事実です。求職者一人ひとりにそこまで時間を取れない、という理由もありますし、転職エージェントでは求人先の企業に足を運んでしっかり情報収集をしますが、ハローワークはそこまでしていないという部分は大きいといえるでしょう。

相談窓口担当者の多くが非正規雇用で、自分の来年の仕事を心配している・・・という話もあります。もちろん正社員のハローワーク職員もいるでしょうけれど、支援のためのノウハウが蓄積されにくいとは言えそうです。

そのため、ハローワークの活用をオススメするのは、

  • 地元での就職を希望される方
  • 自分でしっかり行動できる方
  • 転職サイト、転職エージェントの活用が合わなかった方

となります。

大学の就職課

大学には就職課(キャリアセンター)がありますね。新卒時の就活で利用された方もとても多いと思います。就職課からの求人紹介で就職先が決まる方もいますね。

第二新卒となって再び就職活動をする場合、大学の就職課(キャリアセンター)は利用出来るのでしょうか。

答えは、キャリアセンターにより違いもありますし、寄せられる求人によっても異なる、と言うことになります。そのため出身大学のキャリアセンターに確認をする事が必要ですね。

既卒就活生でも利用可能かどうか。また、もし利用可能であれば応募可能な求人があるかどうか、電話・メールにて確認をされると良いと思います。求人によっては新卒限定の場合もありますし、既卒・第二新卒も積極的に採用を検討する場合もあるなど、違いが見られるからですね。

もし大学の就職課(キャリアセンター)が利用出来るのであれば、それだけアプローチ出来る求人情報が増えますから、一度利用出来るかどうかは確認されてみるのも良い方法です。

注意点としては、後輩がいる場合に就職課や大学構内で会う可能性があること。そうなると、再び就活している事はバレるでしょうから、気恥ずかしさを感じない、気にしないことも必要になるでしょうか。

公的な就職支援サービス

既卒・第二新卒が利用出来る公的な就職支援サービスもあります。

例えば、東京都であれば、既卒・第二新卒の就活をサポートする東京しごとセンターヤングコーナーがあります。

先のハローワークも公的な就職支援サービスに含まれますね。ジョブカフェ、地域若者サポートステーション(サポステ)。他には民間企業が委託されて行う就職支援も各地域にあると思います。

ただし、スピード感、もらえるアドバイスなどに関しては民間の就職支援サービス、転職エージェントの方が魅力は感じますね。

転職フェア

第二新卒は新卒ではありませんから、転職フェアも情報収集に活用されると良いと思います。

「転職フェア」「適職フェア」といったイベントが開催されていますよね。こうした転職フェアの主な開催時期は、

  • 春(3月、4月)
  • 秋(9月、10月)

頃となっています。

主催者は人材紹介会社が多いのですが、ここ近年は地方自治体も積極的に開催している印象です。Uターン・Iターン希望者向けのフェアなどが開催されている事もあります。地元に転職したい、戻りたいという第二新卒の方には、有益な情報が得られる事もありますね。

こうした転職フェア、適職フェアに参加する事は、企業の情報を得られると同時に、他の方達の就活する姿を見て刺激を受ける事が出来る、と言ったこともありますね。

どうしても一人で就活をしていると、

「面倒だな・・・だるいな・・・」
「明日からにしよう」

となってしまう方もいがちです。不採用が続くとモチベーションが保てない方もいるのではと思います。

ですから他の参加者を見て、「こんなに頑張っている人がいるんだから、自分もまた頑張らないと内定もらえないな!」と改めて思う機会にもなる場合も多いです。
(逆にさらにモチベーションが下がり傾向の方もいますから、ご自身の性格など見極めて参加した方が良い場合もあります)

参加する転職フェアによっては大いに参考になる情報を得られますし、そこから応募して面接、内定までいく方も実際、いらっしゃいますね。

機会を見て、一度参加されてみてはと思います。

転職エージェント

第二新卒の就活で、多くの方に有益と思うのが転職エージェントの活用です。

担当コンサルタントやキャリアコーディネーターが付いてくれて、就職のためのサポートをしてくれます。直接応募タイプの転職サイト(リクナビNEXTなど)とは利用方法が違いますので、ご注意ください。

転職エージェントを利用する事で得られる大きなメリットとしては、まず、得られる情報量が違います。

応募を希望している企業毎に、社風やこれまでの採用傾向に基づいて志望動機のアドバイスを受けられるのは転職エージェントならでは、と言って良いでしょう。

一人ひとりと対面してサポートを行う分、やり取りが面倒、苦手・・・と感じる方にはオススメは出来ませんが、その分きめ細かいサポートが期待出来ます。

企業と転職希望者の間に、コンサルタントやキャリアコーディネーターが入ることにより、様々なサポートが受けられます。

例えば、

  • 履歴書、職務経歴書の作成支援
  • 面接対策
  • 給与交渉
  • 入社日調整
  • 退職交渉、退職手続きのアドバイス
  • 入社後の悩み相談

など。

第二新卒の採用に積極的な企業が多い近年では、昔はあまり第二新卒の就職支援に力を入れていなかった人材紹介会社も、多くが第二新卒の就活を積極的にサポートし始めています。

基本的には、どの転職エージェントを利用しても第二新卒として就職支援が受けられるようになっていると思います。

その中でも、

  • マイナビジョブ20's
  • DODA
  • リクルートエージェント

といった、マイナビ、パーソルキャリア、リクルート系の人材紹介サービスは企業からの知名度も非常に高く、多くの求人情報を得ることが出来ます。

20代向け、第二新卒の就職支援として、オススメの転職エージェントといえます。

注意点としては、自分に希望する企業への「明確な希望」が無い場合、コンサルタントのオススメ求人に流される可能性が高い、ということです。

もちろん良い求人が多いとは思いますが、あなたには合わない可能性もあります。出来るだけ希望をしっかりと持って、それに基づいて就職活動を進めて行かれる事をオススメいたします。

第二新卒を積極採用する企業は多い!求人を逃さずに行動しましょう

第二新卒は多くの企業から注目されています。その背景には企業側が新卒採用を予定通りに採用し切れていない、といった理由も挙げられます。新卒採用が激化している事が一番の要因といえますね。

人事の重要な役割は「人材採用」ですが、土壇場での内定辞退も近年では増えているそうです。(入社を確定したいために、オワハラが問題となりましたね)

土壇場で内定辞退が出ると、また採用活動を行わなければなりません。予定人数を採用しなければならないためです。結果、人事の仕事がブラック化するといった笑えない状況もあるようで・・・

また第二新卒が多いということは、それだけその年代の人材が会社を退職しています。退職した第二新卒者の代わりに、他の企業で経験を積んだ第二新卒者を採用しているとも言えますね。

人材不足の企業にとっては、立ち上がりの早さも期待される第二新卒者は、期待の戦力。概して入社意欲が高い人材が第二新卒には多い、と言うことも採用に積極的な大きな理由となっています。

ただし、注意点があります。第二新卒といっても、退職した時期、つまり在職した期間がとても重要視されると言うこと。

第二新卒枠は企業によっては20代ならOK、というような所もあり、少々曖昧な定義もされているのですが、

新卒で入社して3年未満の求職者

を指します。

入社3ヶ月も、6ヶ月も、3年近く働いた人も。みんな第二新卒となります。当然ですが、3ヶ月で退職した人と3年近く働いた人では、スキル・経験にも大きな違いもありますし、採用担当者の心証として、やはり長く働いた人の方が、「採用しても長く働いてくれそう」となるものです。

とはいえ、早い時期(1年未満)に退職してしまった場合には事実はもう変えられませんから、その分、志望動機をしっかり作成したり、他の部分でアピールをする必要があるでしょう。一人ひとりに合った自己PR、業界・業種にあった応募書類の書き方などが重要と言えます。

そうした個別のアドバイスをもらえるのが、上記でご紹介してきた就活方法の中では、「転職エージェント」の活用となります。

数ある就活方法の中でも、最も有効ではと考えます。

情報収集の利用も可能です。まだ利用した事が無い、という第二新卒の方は一度活用されてみてはいかがでしょうか。